新型コロナウイルスが、日に日に蔓延してしまい、誰もが恐怖を実感しています。

緊急事態宣言が発令された中、当院は平常通りの診察をしています。

とはいえ、歯科治療は患者様にとっても大変不安なことが多いことと思います。

前にもお知らせしましたが、当院の感染対策を改めて掲示いたします。

前回、当たり前のことと捉え、明記しなかったこともお知らせします。

 

患者様の入れ替わるごとに、診療台、その周りの手が触れるところすべてのアルコール消毒を徹底しています。

治療に使用する器具すべてを滅菌、お口の中で歯を削ったりするタービン類も専用の機械で毎回滅菌しています。

お口に直接触れるグローブは患者様ごとに交換しています。

患者様のエプロン等もすべて交換します。

診療中、換気のため、風の通る道を作りますので、日によっては肌寒く感じられ事があるかと思いますが、ご理解ください。

患者様には受付で、アルコール消毒をお願いしております。

自動ドアや待合の椅子、その他患者様の手が触れるかもしれない部分は、光触媒作用でウイルスや菌を分解、不活化させる「ナノソル」で感染予防をしています。

スタッフの手洗い、うがい、検温も徹底して行っています。

診療台に座られましたら、まず、うがい薬で洗口をお願いしております。

消毒等を徹底するため、前の患者様の治療が終了し、次の患者様に入室いただくのに、少しお時間をいただくことをご了承ください。

出来得る限りの感染対策をとっております。

来院される患者さんにおきましても、発熱やのどの痛み、せき、息切れ、倦怠感などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われるかたは、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただくようお願いいたします。

 

すべての人がこのウイルスから守られるために、いろいろご不便や窮屈な思いをさせてしまいますが、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です